Pianist Atsuko Oba

Klangtiefe

色々なイベントのお知らせ、ドイツ生活の楽しい話、失敗談などをお伝えします。


コンサートのお知らせです

松戸市八ヶ崎にある素敵なカフェでクラシックのコンサートが行われています。
すでに43回!間近なお知らせになってしまいましたが44回目のコンサートをお知らせします。まだ少し寒いですが
ケーキとお茶そして音楽で素敵な午後のひと時をお過ごしください。尚会場内は禁煙と致します。

 

           日時:2018年2月18日(日)15時開演(14時30分開場)

           会場:カフェ・シャコンヌ(JR馬橋駅東口より新京成バス 常盤平駅北口行「八ヶ崎」下車徒歩1分

           演奏:トリオダンシュ・木管三重奏
                 石綿千乃(オーボエ)  鈴木結佳(クラリネット)  秋山冨義(ファゴット)

           曲目:モーツァルト     ディぺルメントより
                テレマン       ファゴットソナタより
                シルベストリーニ   「6つの絵」より
                ポーランド民謡    クラリネットポルカ
                ジブリの名曲より              他

           入場料:2,200円(ワンドリンク・ケーキ付)

           お問い合わせ:047-340-3421(菓子工房スウィーツデイズ兼用電話)

                  お申し込み受け付けは先着順、定員になり次第締め切り

 

      次回予定は3月24日(土)知られざるオーボエの魅力  オーボエ:真山美保  ピアノ:丸山康

 

 

2018年新年あけましておめでとうございます

またまた、あっと言う間に2018年になりました。

だんだんドイツ在の年数が日本で過ごした月日に近づいてきていて
そのことを考えると自分でもびっくりしてしまいます。

今だからこそできる新しい事にたくさん挑戦しながら生活していきたいと思います。
まず、初めてマリンバの方とコンサートをします。

2018年も皆様にとって健康で充実した1年になりますように

今年もよろしくお願い致します。

 

                                    2018年元旦

 

冬時間   ~ 温子ドイツ生活 30 ~

10月29日からヨーロッパは冬時間になりました!

日本との差は8時間です。

冬時間になる日はいつもより1時間得をした気分になるのですが、今日は勘違いをして1時間早く仕事に出てしまい・・・
はっと気がつくも電車は嵐で1時間遅れ・・・・・
プラスマイナス0で結局ぴったりに出勤。結果オーライな、どっちに転んでもヨーロッパあるある?な1日でした。

10月からまた新学期が始まり、徐々に忙しくなってきました。
健康に気をつけながら頑張って行こうと思います。

 

 

コンサートのお知らせです

デトモルト音楽大学つながりの友達二人。丸山耕路さん・望月晶子さんのコンサートです。

      FONTANA CONCERT

         日時   : 2017年9月23日(土)14:00(開演)

         会場   : サロ―ネ・フォンタナ(世田谷 成城学園前)

         入場料  : ¥2000

         お問合せ : info.klavier.konzert@gmail.com

 

      プログラム

         J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ BWV147

                 平均律クラヴィーア曲集第2巻より

                  第16番前奏曲とフーガト短調 BWV885 

                  第11番前奏曲とフーガヘ長調 BWV880   他

         G.フォーレ:ノクターン第2番ロ長調 Op.33-2

               :ノクターン第6番変ニ長調 Op.63

         F.ショパン:バラード第3番変イ長調 Op.47

         C.フランク:前奏曲 コラールとフーガロ短調

 

秋分の日、涼しくなり始めるころだと思います。「芸術の秋」の幕開けとしてぜひお聴き下さい。

 

 

2017年あけましておめでとうございます

年々、月日が経つのが早くなっているような気がします・・・
あっと言う間に2017年、新しい年になりました!

バルト海

昨年はルクセンブルクやポーランドなど今までに行ったことのなかった国も
訪れることができ、色々な体験をすることができました。

今年一年も一日一日を大切に、そしてパワフルに過ごしていけたらいいなと思います。

皆様にとっても、新しい年が健康で充実した年になりますように!

 

 

                                 昨年のクリスマスに訪れたバルト海

 

コンサートのお知らせです

私のコンサートが終わってホッとしているところですが、今度はお友達のコンサートのお知らせです。

     DUO KONZERT

        会場 : サロン テッセラ(三軒茶屋)

        日時 : 2017年3月19日 14:00開演(13:30開場)

             ~ プログラム ~

        バッハ : ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第1番 ロ短調 BWV1014

        ベートーヴェン : ヴァイオリンソナタ第5番「春」ヘ長調 Op.24

        クライスラー : 愛の喜び

        プロコフィエフ : ヴァイオリンソナタ第1番 ヘ短調 Op.80      他

        演奏   ヴァイオリン : 高宮城 凌 

                  ピアノ : 望月 晶子

        入場料 : 一般¥2500   大学生以下¥1500

        チケットお問い合わせ : 080-4438-4511(望月)

                        090-6867-6829(高宮城)

                     

☆桐朋学園ご出身のお二人の息のあった演奏をお楽しみください。
ピアノの望月晶子さんは私と同じドイツ デトモルト音楽大学でも勉強されました。
お忙しい事とは思いますが春のひと時、ぜひお出かけ下さい。

 

 

お礼  ~ 温子ドイツ生活  29 ~ 2016年 10 / 17

今年の秋は冷え込みがやや早めなドイツです。

この夏は夏期講習会などの後、日本で2年半ぶりにピアノリサイタルを開催させて頂きました

夏期講習

 

 

 

                     夏期講習会場近くの人工湖?池?(ウィーン近郊) 

                                若者達は泳いでいた~(笑) 

 

 

 

 

コンサート2016

シューマンティアーデVOL4としてまたシューマンを中心としたプログラムに取り組みました。
音楽と向き合うということは自分と向き合うことでもあるんだと改めて感じながら練習し、
充実した時間を持つことができました。
聴きに来て下さった皆様、応援して下さった皆様本当にありがとうございました。

ドイツ在住も15年目になり、日本とドイツそれぞれの良さや、違い、または普遍的なものなど、
日々いろいろ考えさせられることも多いのですが、
私なりの自分の軸を持って地道に歩んでいけたらいいなと思います。

さて、10月ついに新学期がまた始まりました!。
寒さに負けず、頑張ります!

 

 

                                                     銀座 王子ホールにて 

 

 

コンサートのお知らせ ~温子ドイツ生活 28 ~ 2016年 8 / 17 

8月も半ばですが夏真っ盛りですね。

リサイタル

大学も夏休みに入りホッと一息もつかの間、オーストリアのサマーアカデミーに来ています。
素晴らしい教授陣と若者たちの希望にあふれたエネルギーで元気をもらっています!

さて、今日はコンサートのお知らせです。
9月に一時帰国し、日本では2年半振りにリサイタルを開催致します。

「シューマンティアーデVol.4」として今回もシューマン夫妻を中心としたプログラムで
二人が同じ時期に作曲した珠玉の作品を演奏します。
今年はクララ・シューマン没後120年。夫ロベルト・シューマン没後160年とダブルで記念の年です。

音に託されたそれぞれの思いを表現できたら・・・・・と願いつつ
せっかくの夏休み、練習に励みたいと思います。

聴きにいらして頂けましたら嬉しいです。

   日時:9月21日(水)19:00

   会場:銀座 王子ホール

   プログラム 「シューマンティアーデVol.4」

      クララ・シューマン:3つのロマンス 作品11
                スケルツォ 作品10

      ロベルト・シューマン:フモレスケ 作品20  
                ノベレッテ 作品21-7 

 

      メンデルスゾーン:無言歌集より 

      ブラームス:4つの小品 作品119 

クララ・ロベルト

 

 

              

                 写真はシューマン夫妻のお墓

    

                 上のは冬2月頃の写真

                 下は8月に入ってから先日行った時の写真

                 この季節はお花も咲いていてきれいです

 

 

 

 

春休みになりました  ~温子ドイツ生活 27 ~

冬の名残と春の予感が入り混じった天気が続いている今日この頃です~

そんな中、2月後半はヴォルフスブルグというところでアンタレスクウィンテットの皆さんとコンサートがありました。
ホルン奏者が出演できなくなり急遽デュオ・トリオ・クウァルテットのプログラムが組まれましたが
合わせの段階からプーランクのトリオやサンサーンスのカプリスなど室内楽の楽しみを
存分に感じることができました。

ハングルク

 

その後ハンブルクでのファゴットマスタークラスの仕事を終え・・・・・
ハンブルクは何度行っても素敵な港町です! と、言いながら写真はハンブルクの駅です。

 

大学のほうも春休みに入りました~♪
最近本番ラッシュだったので、ここでしっかり心身の疲れを抜きつつ
今後のコンサートに向けて準備&充電!
春休みを有意義な期間にしたいな~と今からワクワクしています!

 

 

 

2016年 あけましておめでとうございます ~温子ドイツ生活 26 ~

ハノーファーに通い始めて一年が経ち、
同時進行だったドイチェバーン(電車)のストライキ期間も体験して
ここの区間のマニアになり(笑)
とにかく電車を乗り継ぎまくったという印象の2015年が過ぎました。

ハノーファー

今年はなんとドイツにきてから15年目の年になります。
月日が経つのは本当に早いですね・・・・・・
新しい年、毎日大事に生活していきたいな、と思います。

今年もドイツの様々な土地へ行く予定なので
ご報告&紹介できたらいいのですが・・・(なんとも筆不精で~ う~ん 頑張ります!)

皆様にとって2016年が健康で充実した年になりますように!

                                     2016年 元旦

 

                                 写真はハノーファー中央駅

                                 今年初出勤は雪でした

 

ご無沙汰しています ~ 温子 ドイツ生活 25 ~ 2015年 5 / 28

ほんとうに久しぶりです。
バタバタ忙しく動き回っているうちに初夏。春休みの思い出などを書いてみたいと思います。

 

イタリア

春休みは仕事やプライベートでたくさん旅をしました。
訪れた場所は シュトットガルト、デュッセルドルフ、ボン、リュ―べック、そして
イタリア。
イタリアの島には以前に行ったことがあったのですが、本国はなんと初めて!
ミュンヘンなどの南ドイツからオーストリアを車で渡る陸続きのヨーロッパを肌で
感じる旅でした。

アンタレス クウィンテットとのコンサートで大好きなベートーベンの五重奏曲
などを演奏して充実したひとときを過ごしました。

もちろん美味しいピザやパスタ、そして素敵な景色など短い時間ながらいろんな
イタリアの魅力を堪能しました~♪


さて、ドイツは夏時間。ヨ―ロッツパ、キラキラの季節です!
学校のお仕事も頑張っていこうと思います。
あ、お知らせです。昨年10月からデトモルトともう一つハノーファーの音大でも仕事しています。

 

 

コンサートお知らせ ~クララ・シューマンピアノ作品全集出版記念コンサート~

ご無沙汰しています
サッカーのワールドカップでにぎわっている今日この頃、サッカー熱と共にドイツもやっと夏らしい天候になってきました。

さて、9月12日(金)18:30開演 銀座ヤマハホールにて川嶋ひろ子先生の「クララ・シューマンピアノ作品全集」の
出版記念コンサートが開催されます。
魅力あるクララの様々な作品が演奏される興味深いプログラムとなっています。
私もピアノソナタを演奏させて頂きます。お時間ありましたら是非お越しください。


色々コンサート ~ 温子ドイツ生活 24~ 2014年 4/18

ご無沙汰しています。
3月には「バッハファミリー」の朗読コンサート、日本での「ピアノリサイタル」そして先日ドイツ ボンでの「トリオ」
を無事に終えることができ、ホッと一息ついています。

東京でのリサイタルでは、大学卒業当時からいつかは取り組みたい、と思っていたシューベルトのソナタD894を演奏することができ
とても幸せでした。

今回はヤナーチェクの作品やシューマンのあまり知られていない曲などへの挑戦もありました。これからも自分にとって新しい分野にも
積極的に取り組めたらいいな・・・と思っています。
聴きに来て下さった皆様、応援して下さった皆様ありがとうございました。

さて4月に入り新学期がはじまりましたが、今週はイースター休暇!
ちょこっとリフレッシュしてからまた頑張っていこうと思います♪



大場温子ピアノリサイタルのお知らせ

3月25日(火)に東京(トッパンホール)にてピアノリサイタルを開催致します。

これまで、ずっとロベルト・シューマンの作品、そして彼と深く関わってきた作曲家 クララ・シューマンやヨハネス・ブラームスに取り組んできましたが
今回はそこからより様々な色彩と自由な空間を 表現できたらと思い、プログラムを構成しました。

お時間ありましたら 是非聴きにいらして下さい。

大場温子ピアノリサイタル

日時 : 3月25日(火)19:00開演

会場 : トッパンホール(飯田橋)

プログラム

シューマン:シューベルトの主題による変奏曲“あこがれのワルツの変奏曲”A・ボイド補筆
シューマン:パピヨン作品2
シューベルト/リスト:水の上で歌う・セレナーデ・ます
ヤナーチェク:霧の中で
シューベルト:ソナタ 作品894



あけましておめでとうございます ~温子ドイツ生活 24 2014年1月1日 ~

新しい1年、充実した時間を過ごせるように、ユーモアを持ってその瞬間を楽しみながら、
恐れずにいろんなことにチャレンジしていきたいなと思っています。

2014年が皆様にとって素敵な一年になりますように!

元旦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        2014年元旦  デトモルト

 

 

 

夏の思い出2013 ~温子ドイツ生活 23 ~ 2013年11/17

ご無沙汰しています。
長かった夏休み、この夏もいろいろな体験をしました。(今さらですが・・・笑)

7月は久々にデトモルトでのサマーアカデミーで、ファゴットが巡ってきて公式伴奏者として参加しました。
若いパワーをたくさんもらうとともに、今回はファゴット&クラリネットの教授とトリオを演奏する機会もあり、充実した時を過ごしました

8月に入ってからはオーストリアで行われたマスタークラス(今度はチェロ!)に行きました。
エッセン音楽大学の教授なのですが、素晴らしいチェリスト&教師で私はいつも学ぶことが多く、ひそかに室内楽の師と思い取り組んでいます。

9月には久々の日本で演奏会(今度はピアノソロ!)
今回は大学卒業の頃から、いつかやりたいと思っていたシューベルトのソナタに取り組むことができ幸せでした。
反省点も多々あるのですが・・・・・

また新しいことにいろいろチャレンジしていきます!



シンポジウム&バッハフェスティバル ~ 温子ドイツ生活  22 ~ 2013年 5/5

あけまして~から早4ヶ月経ってしまいました(笑)
ゴールデンウィーク如何お過ごしですか。

4月26日はチェルノブイリの原発事故があった日で、ミンデンというところで「福島とチェルノブイリの原発のためのシンポジウム」
があり、そこでチャイコフスキーの「四季」から4月、5月、そして日本人ソプラノ歌手の方と日本の歌曲を演奏しました。

選曲も自然の美しさを表現したものが多くて、地球にも人にも優しい生き方をあらためて考えさせられた一日でした。

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ドイツにも春がやってきました!!

春





音大の前にさいた見事な花

         は~~~~~~る~~~~~~ですね。





そして、デトモルトでは5月3日からバッハフェスティバルが始まりました!

私も昨日、ヴィルヘルム・フリードリッヒ・エルンスト・バッハ の曲を演奏する機会が
ありました。

10日間ほど、さまざまな会場で毎日バッハ関係の演奏会や講義など があり
興味深い作品がたくさん演奏されるので、私も今週はバッハファミリー の曲にどっぷりつかりたいと思います。



あけましておめでとうございます ~ 温子ドイツ生活 21 ~ 2013年 1/6

新しい年、心を開いて恐れずいろんなことにチャレンジして自分自身を開拓していきたいです!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2013年が皆様にとって楽しく充実した年になりますように!

                                                   2013年遅ればせながら新年のご挨拶

                                                                 大場温子


バッハファミリー ~ 温子ドイツ生活 ⑳ ~ 11/12

昨日、11日はビーレフェルト・ブラーケでバッハファミリーの演奏会をしました。

ヨハン・セバスチャンの曲は ピアニストにとって欠かすことのできないレパートリーですが、その息子たちの曲となると
私もあまり触れる機会が ありませんでした。

今回、大バッハの息子たちに焦点をあてた研究をされているカーマン氏と一緒に公演の機会を頂き
私自身もバッハ一族のことだけではなく、当時の時代の変化、バロックから古典派への移りゆく過程なども
音楽を通して感じることができ 興味深いものとなりました。

今後、あまり知られていない作曲家の作品にも果敢にチャレンジしていけたらいいな~と
思いを馳せた一夜となりました。

さ~て、明日はファゴットとの録音です♪ がんばろう!!


 マラソン大会 ~温子ドイツ生活 ⑲ ~10/28 

マラソン

今日(10/28)から冬時間になります。
昨晩は初雪も積もって冬支度まっしぐらです。

そんな今日、ヘアフォードの市民マラソン(ジョギング?)
大会に参加してきました!

今年の初めから、なんとな~く始めたジョギング
だんだんハマってしまい、こんな大会に参加してしまうとは
我ながらビックリです(笑)

初めての出場なので、まずは短い距離
6.8km(なんでこの数字?)の方に登録!

かなり冷え込んでいたので空気も澄んでいて
とてもきれいな景色のなか走りました。もち!完走しましたよ(笑)



          ハロウィンも近いからか7人の小人の着ぐるみのおやじ達も
           「暑い~!」と言いながら走っていたり~

白くまさん





                               白クマさんもはしっていました~






          来年も距離をのばして参加できたらいいな~と思います。

          そのうちにベルリンマラソンに ???





 夏の思い出 ~ 温子ドイツ生活 ⑱  ~ 2012

日に日に秋の風を感じるようになってきました。ずいぶんご無沙汰しました。
長かった大学の夏休みも、もうすぐ終わり、いよいよ冬学期の始まりの準備段階に入りました。

夏休みを振り返って(笑) 色々なことがありました!!
♪ まず、7月。カッセルでシューマンプログラムのソロコンサート。
 その後、ウィーンでのマスタークラスの通訳という普段の生活とは違う貴重な体験をさせて頂きました。
 ここでは、 な、な、なんと私が留学したての頃(その少し前?)出会った先輩ピアニストが先生!!!
 10年ぶりくらいの再会で感動するとともに時の流れも実感し、いろんな刺激をいっぱい受けて帰ってきました。

♪ 8月前半は猛練習(汗!) の後、チェロの講習会のため再びオーストリア・ゼメリングへ向いました。
 2週間、朝から晩まで文字通りチェロ漬けになり(笑)、念願だったラフマニノフのソナタもデビュー!
 尊敬するエッセン音大教授のレッスンに今年も関わることができ、充実した日々を送りました。

♪ 講習会後はやっとお休み~♡ ♡ ♡ 
 帰りにザルツブルクに立ち寄り、色々街をお散歩~
 音楽祭の野外中継でオペラ『軍人たち』を鑑賞しました。

♪ 次の週はカッセル!
 5年に一度開催されているドクメンタに行き、おもしろい現代アートにたくさん触れてきました。
 久々のサイクリングも気持良かったな~

♪ 次はハンブルク。友人の結婚式~♡♡~・・・・・とっても幸せそうで感動を少~し分けてもらいました~♡~(笑)

 

ハンブルク

 

 

 

 

二人を祝福するようによく晴れた港町ハンブルク 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式

 

 

 

 

 

 

とってもステキな結婚式でした ♡♡おしあわせに~♡♡  

 

 

 

 

  本当にさまざまな地へ旅した夏でした。
さて、9月も後半。秋にあるバッハプロジェクトのためのバッハ一族の作品群をさらいつつ~学校の準備もしつつ~
お休みの残り香も楽しみつつ・・・・・・・・・・
今年の後、数カ月を頑張って行こうと思います。


 

コンサートのお知らせ2つ

♪ サロ―ネ・フォンタナコンサート

   日時:2012年9月2日(日) 14:00

   会場:サロ―ネ・フォンタナ  小田急線 「成城学園前」駅」より徒歩約15分

   チケット:1500円

   プログラム
      小松令子  バッハ:パルティ―タ第4番 ニ長調 BWV828

      望月晶子  シューマン:ピアノソナタ第3番 ヘ長調 Op.14 

      丸山耕路  武満徹:雨の樹素描Ⅱ~オリヴィエ・メシアンの追憶に~
               ショパン:舟歌 嬰へ長調 Op.60
               リスト:スペイン狂詩曲 S.254

◆それぞれドイツで学んだ3人のピアニストのコンサートです。
 そして、ベーゼンドルファーからの音色をお楽しみください。


♪ KARTY ピアノコンサートVol.6

   日時:2012年9月2日(日) 14:00

   会場:アリストホール  東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 「表参道」A4/A5出口より徒歩5分

   チケット:2500円(当日3000円)

   プログラム
      ヨハン・シュトラウス2世:トリッチ・トラッチ・ポルカOp.214(1台6手)
      チャイコフスキー:組曲「くるみ割り人形」より連弾  他

◆お待たせしました~美女4人組のコンサート。
 昨年、このコンサートがなくてガッカリされた方、久々の4人をお楽しみください。



小旅行 ~温子ドイツ生活 ⑰ ~ 6/23

テアター

ヨーロッパの5月~6月は気候が良く素敵な季節です!

6月8日、休日を利用して友達とシュトゥットガルトに遊びに行ってきました。
シュトゥットガルトはドイツでもかなり南の方に位置していて、広々とした空間の、
なかなか心地の良い街でした。

さっそく郷土料理とビールを堪能しつつ、素晴らしいテアターがあるので、
夜はヴェルディのオペラ“ルイザ・ミラー”を鑑賞しました。
そこで、なんと~学生時代に一緒に勉強した同門下生に偶然遭遇!!昔話?で
盛り上がりました(笑)

短い小旅行でしたが、楽しく一休憩。
英気を養い その次の週からは今学期も半ば、 卒業試験、チェロ・クラスコンサート、
中間試験などなど、怒涛の本番の日々で過ごしています。
そして次はファゴットのクラスコンサート と入試・・・・・
入試では毎回大量の譜読みをしなくてはいけないのですが、沢山の人と共演し、
少しずついろんな楽器とのレパートリーができるチャンスの時でもあって、
頑張ってやっていきたいと思っています。


「大場温子ピアノリサイタル」日本公演無事終了!

コンサート

静岡公演、東京公演、無事終える事ができました
今回は私の大好きな作曲家、シューマンプログラムの第2弾でした。
機会があると、取り出してきた“クライスレリアーナ” 何度向き合っても
不思議な魔力のつきることのない作品だな と、今回改めて思いました。

そして私にとっては少し新しい風だったメンデルスゾーンにも取り組めて
とても楽しい時間でした。
これからも新しい世界にどんどん挑戦していきたいなと考えています。

先日、ドイツの方に無事戻りました。
こうして遠い所に住んでいながら、日本で演奏させて頂けることは
本当に幸せなことだなと実感しています。
聴きに来て下さった皆様、応援して下さったスタッフの皆様
ありがとうございました。


大場温子ピアノリサイタル ~ シューマンティアーデ第2章 ~

3月18日(静岡:江崎ホール)、3月22日(東京:トッパンホール)にピアノリサイタルを開催いたします。

前回のリサイタルに引き続きシューマンとシューマンに深く関わった作曲家達のプログラム第2弾です。
今回はクララ・シューマン、ブラームスに加え、シューマンが尊敬していた作曲家メンデルスゾーンの無言歌集から珠玉の小品などを演奏します。

ドイツロマン派の光と影の織りなすファンタジーの世界とともに、さまざまな形のドイツ的なものを表現したいという 思いでプログラムを構成しました。

お時間ありましたら是非聴いていただきたいです!

大場温子ピアノリサイタル

☆静岡公演

日時 : 3月18日(日) 14:00開演

会場 : 静岡 江崎ホール

☆東京公演

日時 : 3月22日(木) 19:00開演

会場 : 東京 トッパンホール

プログラム

クララ・シューマン : プレリュードとフーガ 作品16-3
ブラームス : 自作主題による変奏曲 作品21-1
メンデルスゾーン : 無言歌集より
シューマン : クライスレリアーナ 作品16


あけましておめでとうございます 

新しい年、新しい気持でいろいろなことに挑戦して歩んでいけたらと思います。
たくさんの方から頂いた様々なアドヴァイスを心に、少しでも成長できるように頑張ります。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2012年が皆様にとって素敵な年になりますように!

                                                   2012年 元旦


クリスマス市 ~ 温子ドイツ生活 ⑯ ~ 12/17

ファゴットクラスの学生の卒業試験を終えて、今週からクリスマス休暇になりました!!!

というわけで、早速リフレッシュも兼ねて友達と近隣のビーレフェルトに遊びに行ってきました。
街中ではクリスマス市が出ていて、とってもきれい!
そして、みんなグリュウワインといわれる甘くてあったかいアルコールを飲んで楽しんでいます。

イルミネーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリーのイルミネーション

 

 

 

キャンドル

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいなキャンドルがいっぱい並んだ屋台

 

 

 

ゾウさん

 

 

 

 

 

 

 

私も屋台で、今年うまれた甥っ子にゾウさんのかわいらしい木のおもちゃをゲット!
週末の午後をのんびり過ごしました~~



  

  

  

ピアノコンチェルト & チェロフェスティバル ~ 温子ドイツ生活 ⑮ ~12/15 

ピアノコンチェルトとチェロフェスティバルの本番が終りました!

ベートーヴェンのコンチェルト2番は、デトモルトに留学して初めてのレッスンで準備した曲だったので、当時を思い出してとても感慨深かったです。
こうして、この曲で本番を迎えることができてとても嬉しく思います。

12月9日~11日に開催されたチェロのフェスティバルの方では、ナヴァラ生誕100周年記念のためだったので
かつてナヴァラ門下だったチェリスト達が世界各地から集まった会でした。
そして、彼らのお弟子さん達もいっぱい来ていたので、この3日間は街を歩いていてもあっちにもこっちにもチェロケースを持った人達が~!!
こんなにたくさんのチェリスト達に一度に出会う機会はそうそうないだろうな、と思います。
すばらしいチェリストの方々と共演させていただきリハーサルや本番を通して音楽的な刺激をもらって
これからの研鑽のための活力になりました。

もうすぐクリスマスですね。☆⌒
ドイツでは今、素敵なクリスマス市が各地に出ているので、どこかに行けたらいいな、と思っています!


ファゴット&チェロ  ~温子ドイツ生活 ⑭ ~ 11/24

ドイツでは日に日に寒さが増している今日この頃です。
学期も半ば、色々な行事が目白押しで、エネルギッシュな学生たちに囲まれて毎日忙しく過ごしています。

先週はファゴットクラスのコンサートがありました。
今回の曲目はプレヴィンやカリヴォダ、フンメルなど計9曲
なかなかのハードプログラムでした。
最近では、レパートリーも増えてきて新しく譜読みするものは減ってきたのですが、それでも演奏会となると
毎回たくさんの曲を見直したり、改善したり大変です><
でも、毎回相手奏者が変わるので、同じ曲を演奏するにも変化があり楽しみでもあります。

さて、今週はチェロのクラスの本番があります。
ホッパーの小品とエルガーのコンチェルトを弾いて来ます!
寒さに負けずに頑張ります。


2011年 夏 9/30

今年の夏も忙しく過ごしました。

北部小

やっと夏休みっ!!!
と、ポワ~~っとしていた8月のある日のこと
私の尊敬するピアニストからの突然の電話!
オーストリアのチェロマスタークラスの公式伴奏の代行を頼まれ
思い切って引き受けました。(なんとも、コワイもの知らず><)

開催直前のことだったので、マスタークラス同時進行の譜読み地獄><
でも終ってみたら、レパートリーはたまるし
自分も一緒に勉強もできたし充実した2週間でした。

その後9月に日本に飛び(残暑きびしかったですね!!)
12日は母校の松戸市立北部小学校、16日には名古屋で演奏させて頂きました

今回はどちらもトークつき・・・ 普段から話が苦手な自分にはかなりのチャレンジ!
でも、小学校ではキラキラした若いエネルギーをいっぱいもらい、
お世話になった音楽の先生も相変わらずとってもパワフルで
今までたどってきた道のりを懐かしく思い出しつつも
自分もこれからの未来を期待できた1日でした。

名古屋では私はまったく知らない所なのにたくさんのお客様に聴いて頂けて幸せでした。

色々サバイバルな夏休みだったのですが、自分も新しくなれそうな気分で、実はちょっと嬉しい体験でもありました。
すぐ、後期が始まります   気持を新たに臨みたいです!


お花畑 ~温子ドイツ生活 ⑬ ~ 5/20 

お花畑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くのお花畑

久しぶりに出かけました















チャリティーコンサート ~ 温子ドイツ生活 ⑫ ~ 5/18

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

怒涛の4月が過ぎ、ヨーロッパ輝く季節(?)5月になりました。
先日、久々に近くの丘に散歩に行き、あたり一面の花畑に囲まれてゆっくりと休養しました。
改めてこうして生きていられることに感謝だな、とおもいます。

3月の東日本大震災で、今まで自分がなんとなくぼんやり過ごしてきたこと、
そしてやはり海外に住んでいるということについて、いろいろ考えさせられました。

4月にはデトモルトで日本人を中心として行われた3つの日本のためのチャリティーコンサートに参加しました。
16日のコンサートではデトモルト音大の学長はじめ諸先生方、地元ライオンズクラブ、銀行の皆様 そして多くの外国人の友達にもたくさん助けられ、応援して頂き、 国境を越えた人の温かさにふれた期間でした。
感謝を忘れず自分自身もこれからまだまだ人間を成長させなくてはと考えています。

コンサートでは約500万円近くの寄付金が集まり赤十字に寄付されました。
最後に「ふるさと」を全員合唱しましたが、日本が一刻もはやく再び安心して過ごしていける環境になることを願っています。


新年 あけましておめでとうございます! ~ 温子ドイツ生活 ⑪ ~

気持を新たに今年も様々な体験を通して少しずつでも成長していけたらと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

                                 2011年 元旦 新居にて(笑)


引っ越し~! & クリスマス ☆!~ 温子ドイツ生活 ⑩ ~ 12/30

2010年も残すところあと1日になりました。

私、実は引っ越しをしました~!!
・・・・・といっても同じ建物の1階下に移動しただけですが(笑)。
それでも、屋根裏部屋から脱出し、天井はたかいし、大きい窓があるのでとっても快適です!

そんなこんなで忙しく過ごしていましたが、お世話になっている大家さんのお宅のクリスマス会に参加させて頂き、
讃美歌を一緒に歌いまくり・・・・・など楽しい時もすごしました~ ♪

今年もいろんなことがありましたが、たくさんの出会いや体験にめぐまれて、とても充実した幸せな年だったな~と思います。
助けて頂いた方々、本当にありがとうございました。
また、新しい年もよろしくお願い致します。

2011年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。
それでは、良いお年を!!!


ファゴット&コンチェルト ~温子ドイツ生活 ⑨ ~ 11/18

ドイツではついに本格的な冬になりました。みなさんいかがお過ごしですか?
10月31日に3 回公演だったショパンのコンチェルトの最終公演が無事終わりました!

そして、昨日は大学で担当のファゴットクラスの演奏会があり、ファゴットの曲を(当たり前ですが・・)たくさん共演しました。
このコンサートは毎学期あるのですが、今回のプログラムは~

・ヒンデミット:ソナタ
・モーツァルト:コンチェルト
・フンメル:コンチェルト
・タンスマン:組曲
・クロイツァー:変奏曲
・ボザ:朗唱、シチリアーノとロンド
・ヌッシオ:ディベルティメント(コントラファゴット)

                            でした

毎回いろんな曲を一緒に学べて楽しく準備しています。
味のあるいい音だし、リードとか削ったりして調整したりするのも
なんだかみんな職人さんみたいで意外にそういうものを見ているのも好きです。変な趣味?(笑)

冬学期が半分ほど過ぎましたが、今学期からピアノの授業も担当することになり、新しい体験を一杯しています。
ファゴットにピアノのレッスンと大変ですが、充実感もあるし何よりも自分もいろんなことを通して学べることが幸せです。

学期、後半戦も頑張っていこうと思います!


「大場温子ピアノリサイタル」日本公演終了! 10/30

ピアノリサイタル浜松公演と東京公演が終わりました!

実はシューマンのソナタ3番は長い間憧れでしたが、巨大かつ複雑な作品でなかなか勇気をもって取り組めずにいた曲です。
今回シューマン生誕200年の記念年に、この曲を含め彼に深く関わった作曲家の作品に、私なりにじっくり向き合うことができ、
何よりも沢山の皆様にありのままの今の自分を聴いて頂きとても幸せな時間でした。
これからも人生経験、さらに研鑽を積んで曲に託されたメッセージを伝えていけるようになるといいなと思います。

演奏会に来て下さった皆様、支えて下さったスタッフの皆様、本当にありがとうございました!♪


ショパン ピアノコンチェルト 第1番 ~温子ドイツ生活 ⑧ ~ 9/27

ピアノコンチェルト

先日(9/19)ショパンのピアノコンチェルト第1番を ビーレフェルトの
ルドルフ・エトカ―ハレ で演奏してきました。。
ヴィトルフ・ヴェルナー氏の指揮、 ユーゲントシンフォニカーとの共演で
急病のソリストの代役でした。

3日間の短い準備期間での本番ということで自分でも未知数の体験で
かなりの挑戦でしたが沢山の方々に助けて頂き、本番は響きの素晴らしい
ホールで演奏でき(留学したての頃、憧れてわざわざ電車に乗って見に行った)
そして若いパワーに支えられて幸せのひとときでした。
勇気を出して引き受けて本当によかったな、と思います。

10月3日、31日にも別の都市で公演があるので、より良い演奏ができるよう
頑張りたいと思います。
間に日本でのリサイタルもあるのでパワー全開!!


                 ♪~♯~♭~♪~♯~♭~♪

KARTY Piano Concert vol.5  [ 大矢絢子・中山 恵・金子知子・小山里巴 ]  ~  anniversary soiree  ~

日時:2010年10月23日(土)17:00開演

場所:杉並公会堂 小ホール(JR中央線・東京メトロ丸の内線 荻窪北口から徒歩7分

チケット:前売り 2,500円  当日 3,000円 (全席自由)

お問い合わせ:KARTY piano concert 事務局 Tel 090-9294-8127
          東京文化会館チケットサービス  Tel  03-5685-0650

プログラム

・ショパン : 英雄ポロネーズop.53(2台8手)
・ショパン:華麗なるワルツop.34-1
・シューマン:東洋の絵op.66より(連弾)
・シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化op.26より間奏曲、フィナーレ  他

◆今年もやってきました美女4人組のコンサート!!
4人ならではのプログラムで、連弾あり、2台ピアノあり、一番豪華なのは、まるでオーケストラのようなピアノ2台の8手連弾!!
やはり、今年はショパン、シューマン200歳の年ということでプログラムにも沢山盛り込まれています。 
ほかに、プーランク、ガーシュウイン、アレンスキーの曲も演奏され、たっぷりお楽しみ頂けると思います。お友達を誘って行きましょう!

◆ところで・・・・・

みなさ~~~ん!!!



                  みなさ~~ん!!



                                   みなさ~ん!


                                                  みなさん・・・・・




あの~

♪ 前日22日の「大場温子ピアノリサイタル」もいらしてくださいね ♪

「大場温子ピアノリサイタル」のお知らせ ~温子ドイツ生活 ⑦~ 7/31

厳しい暑さが続いていると思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こちらは暑くなったり寒くなったり、変動が激しいです。

さて、今日はお知らせです!
今秋、日本でピアノリサイタルを開催させて頂くことになりました。

☆ 浜松公演 
日時:10月15日(金)19:00開演

場所:遠州栄光教会住吉礼拝堂

☆ 東京公演 
日時:10月22日(金)19:00開演

場所:トッパンホール

プログラム

・クララ・シューマン:ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 Op.20
・ブラームス:6つの小品 Op.118
・シューマン:ソナタ第3番 Op.14 他
( Scheduleをご覧ください )

◆今年生誕200年の記念年のロベルト・シューマンと彼に深く関わりのあった作曲家たちの作品で構成してみました。
シューマンは私自身大好きな作曲家なので、日々いろいろな思いをめぐらしながら、さらに演奏会に向け研鑽を積んでいきたいと思います。
さまざまなロマン派の作品の響きを皆様にお楽しみいただけましたらうれしいです。

◆9月5日京都で開催されるファゴットフェスティバルにも出場します。  あ、ピアニストとしてですよ(笑)
お近くの方、ファゴットに興味のある方はいらしてくださいね。


シュパーゲル ~温子ドイツ生活 ⑥~ 6 /14

シュパーゲル

5~6月頃といえば、 ドイツでは白アスパラ(シュパーゲル)の季節です!
今、まさに旬で、街の市場やスーパーでいろんな種類の白アスパラが盛りだくさんに並べられ売られています。

今日は市場で新鮮な白アスパラを2㎏(!!!)買いました。
ズボラな私にピッタリの皮をむかなくて良い、茹でてすぐ食べられる
一番小さい型のもので、
Sauce Hollandaise(オランデーズソース:卵黄とバターでつくる)をかけ、
茹でたジャガイモと生ハムでいただきました。
レストランでは、スープや前菜としてもよく見かけます。

お友達と食べても~食べても、まだまだ沢山残っているのでいろんな食べ方に挑戦(オオゲサ?)してみたいな、と思います
この季節、ドイツ滞在の折には是非お試しください!

あ、ちなみに母は適当な大きさに切って小麦粉をまぶし、サッと油で揚げ塩コショウをしてレモンをかけて食べたら美味しかったそうです。
これも試してみてください。さっぱりしているかも~


ファゴット ♪ ~温子ドイツ生活 ⑤~  4 / 9

新学期が始まりました! 今学期もファゴットクラスの担当です。

初めてこのクラスになった時は、ぶっちゃけ1曲もレパートリーがありませんでした~(苦笑)
毎回、時間との戦いで大譜読み大会を繰り広げ早2年!。 やっとレパートリーがたまり(フー)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、とんでもありません!
まだまだ今学期も 新しい曲たちを早々にもらい ♪~♪~♪~♪~♪~♪~ 譜読み生活、始まりました~!!!(笑)

この楽器は、実際大学で伴奏員 (Korrepetitorin) を務めるようになってから、初めてその魅力に気付かされ
今では大好きになりました(ホレボレ☆~♪)

彼らはリード作りに毎日悪戦苦闘・・・大変な作業のようです。
リードはどうやら彼らにとっては自分の子供のような存在らしく、中にはそれぞれのリードに名前をつけたり、話しかけたりする人まで出現!
リードは育てるもの(?)らしいです。

私は普段、横で気楽~にみていればいいのですが、(ごめんなさい!)
先日は、ある生徒さんのオーケストラ団員になるためのオーディション(ドイツでは Probespiel という)の準備のため伴奏していた時のこと。
彼女が 「リードがない~」 (これはほぼ全学生のあいさつ代わり) と嘆き始め、私に同意をもとめられ~     な、な、なんと、

「アツコでもひどいリードって分かったから、先生に Probespiel 行かないって言うわッ」と断言!!  (エーッーッ?なんでそうなんの?)

その後、なぜか私が真剣に彼女のリード探しに参加。 なんとか行く気になるところまでこぎつけました。(汗)
ホントに行ったかどうかは不明~(笑)

というわけで、そんなとても奥の深~いファゴットという楽器です
今学期もいろいろな人とたくさん共演できるのが楽しみです!

皆さん、ヨロシクです~。

ピアノコンチェルト終了! ~温子ドイツ生活 ④~ 2 / 16

2月5日、ピアノコンチェルトの演奏会が無事に終わりました。
今回は、ゾルタン・コチシュ氏の指揮での演奏会の機会を頂き、期待感とともに不安もいっぱいでしたが、終わってみると本当に充実した5日間だった
としみじみと思います。

お会いした初めの日に、オーケストラパートをピアノで弾いてくださるというので、私は楽譜を2冊とスコアを持って、いそいそとホールへ~
ところが、巨匠のオーラが凄すぎて、なぜかどの楽譜も渡せず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)

目で合図され弾きだしたのですが、最後まで彼の見えないエネルギーに吸い込まれるように一気に演奏し、何もかもが消えて
音楽だけがある空間が存在するような、そんな気分でした。

そして、驚きは彼がオケパートのすべてを暗譜で弾いたことのみならず、後日、自発的に行われたレクチャーではピアノ曲、シンフォニーなど
次々と楽しそうに弾いて聴かせてくれたのです。
また、オーケストラとのリハーサルでは、良い音楽を引き出すために妥協しない姿勢など~驚きとともに、沢山の刺激を受けました。

そんな数日をを過ごしているうちに、不安だった心境が純粋に音楽を楽しもうという気持ちに変わっていて、本番では心も安定し演奏できたことが
とてもうれしく、この演奏会のために関わってくださった皆様、寒い中聴きに着てくださったお客様、全ての方々に感謝致します。

そして、さらなる音楽の追究のためにこれからも作品や自己に真摯に向き合いながら研鑚を積んでいきたいと、気持ちを新たにしています。


ピアノコンチェルト ~温子ドイツ生活 ③~ 2 / 1

日時 :2010年2月5日(金)19:30開演

場所 :デトモルト コンチェルトハウス

曲目 :ベートーヴェン ピアノコンチェルトNo.4 Op.58

■こんな寒い時にドイツ旅行している変わり者の方(笑)いらっしゃいましたら聴きにいらしてください。


あけましておめでとうございます ~温子ドイツ生活 ②~ 2010年1/1

昨年中はたくさんの方々にお世話になり、いろいろな場面で助けていただきながら、充実した一年を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

今年も地道に歩みながら新しいことにも挑戦する勇気を持ち、人間として、演奏家・音楽家として成長できたらいいなと思います。

2010年、皆様にとって素敵な年になりますように!

                                                             2010年 元旦  大場温子


クリスマス・ハウスコンサート  ~たまには大場温子ドイツ生活のお話を(笑)~ ① 12 / 19

日時 : 2009年12月19日(土)

12月も下旬になるとさすが日本も寒くなってきたようですね。 ここドイツも冬本番、 昨日は日中でも-12度を記録していました!
そんな中、私が住むデトモルト近郊で クリスマス・ハウスコンサートをしてきました。

場所は 記号論理学 のプロフェッサーのお宅で、おもわず息をのむような大豪邸!!!
お家の床に池が造られていてお魚さんが悠々と泳いでいたり (笑) 天井までくっつきそうなクリスマスツリーや、
家具にみせかけたドアがついた、からくり部屋のような図書室などなど・・・

世の中にはこんな家があるんだな~と驚きつつ、クラリネット・チェロ・ピアノのメンバーで
グリンカ・ドニゼッティ・ブラームスなどのトリオを演奏しました。

最後はみんなでクリスマスの歌をうたい、マイナス気温の特別寒い夜でしたが、私達も楽しく過ごすことができました。
皆さんも素敵なクリスマス・新年をお迎えください!


KARTY Piano Concert vol.4 [大矢絢子 ・ 中山恵 ・ 金子知子 ・ 小山里巴] ~ロマンティック・ダンス~

日時:2009年11月14日(土)17:00開演

場所:杉並公会堂 小ホール(JR中央線・東京メトロ丸の内線 荻窪北口から徒歩7分

チケット:前売り 2,500円  当日 3,000円 (全席自由)

お問い合わせ:KARTY piano concert事務局 Tel 090-2907-5237

プログラム~華麗なるピアノの世界!2台ピアノと連弾で紡ぐダンスの調べ~

・ モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」K.492(2台8手)
・シューベルト:4つの即興曲D.899より第3番
・ブラームス:5つのワルツOp.39(2台)
・バルトーク:ルーマニア民族舞曲(2台) 他

■KARTYは美女4人組み。今年でもう4回目のコンサートです。みなさんよーくご存知の曲がいっぱい演奏されますよ。

ピアノアンサンブルの迫力を楽しんでください。


Copyright(C)2010 Klangtiefe Right Reserved.